展開図の作成

歴史的建造物を計測した例です。明治24年4月に開通した九州鉄道の橋梁で当時の設計図面は当然ながら残っておらず
今回の三次元計測により図面化(CADデータ)し展開図を作成しました。
このほか点群データによるアニメーションの作成も行いました。


その他事例「自然石積み」


自然石石積みの景観調査や定点観測を目的とした作業です


その他の事例「旧折尾駅」

現在は取り壊されているJR折尾駅です。近代化産業遺産をスキャナーにより記録し、画像や映像として保管できます。また写真とは違い点群データで構成されていますので、このデータが存在する限り建物寸法の引き出しや展開図の作成が可能です。


その他の事例「シミュレーション表現」

都市高速や新区間開通前に使用したシミュレーション表現です。走行、時間経過等のシミュレーションを行い地元説明会や協議資料として活用しました。